• リソリアスタッフBLOG

景気回復以降益々高騰する求人倍率。

最終更新: 2019年8月15日



9月の有効求人倍率、44年8か月ぶりの高水準 https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181030-OYT1T50047.html




選ばれる時代への変化


求職者をいかに自社へ引き込むのか、

どの企業様も頭を悩ますところです。


求人募集は自社の魅力を伝える場ですが、以前と違うのは、

選ぶのは企業側ではなく求職者側という社会的構造に変化。




デジタル時代到来。


組織から個の時代への移り変わり。

近年、デジタルの発展により,(SNS,オウンドメディア)

個をベースとした情報発信が増えています。


企業も同様に業界、業種間のカラーではなく、

個々の企業が魅力発信をしセルフブランディングしていく

時代になっていきます。



採用においてデジタルマーケティングの必要性



多様性の社会において個をベースとした、

様々な働くカタチ・価値観を受け入れてきており、

求職者に自社を選んでもらうには、


求職者動向(トレンド)を常に押さえる必要性があり、

自社の独自カラー(魅力) の演出をwebを通し、人をフォーカスする形で

情報発信していくことが、不可欠な時代へとなりつつあります。



2020年以降の日本



2020年以降、特需産業が終了して、

日本の景気の冷え込みがあるかどうかはわかりませんが、


デジタル時代の波に乗り、構造改革をおこなえた企業が、

未来への繁栄を維持できると考えられています。

そのために、今からの、準備が必要です。


採用も同様なことがいえるでしょう。

自社の会社の魅力をWEBを通し求職者向けに発信をし、

選ばれる会社にならなければならない時代です。



そのために、今から自社の魅力をオウンドメディアで、

発信されていくことがおすすめです。






#デジタルマーケティング #採用マーケティング

45回の閲覧0件のコメント